読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころぴょんぴょなー

ダメダメ学生がプログラムとかできるようにがんばる日記 現在は自分用めも

1年近く就活続けてた私と逆求人なお話





長々と1年近くしていた就活が8月くらいに無事に終わりました。
だいぶおちついた時期に入ったので就活のことについて書こうかなと思いました。
(というかやらなきゃならないこといっぱいあっておちついてないんですけどやりたくないので現実逃避です。)

就活の前触れ(M1の夏頃くらい)

いきたかった業界
web系の会社にいきたいなーくらいのことをほけーっと考える。


スキル
NO SKILL!!!と地球の真ん中で愛を叫ぶ代わりに叫んでもいいくらいプログラミングスキルは無に等しい。


やったこと
とりあえずインターンいっとけばいいよ!という研究室の先輩の言葉によって、リ○ナビを使って30社くらいにインターンエントリーをしまくる。web系インターンはスキルありきなところが多いのでここぞとばかりにお祈りされまくるチーン。結局、いきたかった会社(GMOインターネット)が好待遇で拾ってくれる。この会社にはリトルグリーンメン並みに感謝感激と言い続けたい。
インターンについては以下non1207.hatenablog.com

就活の初期(M1の10月頃)

いきたい業界
かわらずweb系(とりあえずweb系であれば特にこだわりがなかった)

スキル
(・ω<) v

やったこと
とある先輩よってジースタイラス(以下ジースタ)主催の逆求人を知る。
高専で同期だった友人の紹介で逆求人みたいなことをやってるサポーターズ社を知る。
2週間に一回のペースでこのジースタとサポーターズのイベントを使って東京に行って、人事さんとの1on1面談みたいなことをやるようになる。(交通費支給なので財布にありがたかった)
ジースタ社とサポーターズは以下
  
  www.studenthunting.com


  supporterz.jp

個人的に、参加してる企業がジースタの逆求人の方が好みだったのと、ジースタの社員さんが履歴書とか面接とかの相談を無料でとても親切丁寧に乗ってくれるのでジースタをたくさん利用した。

別にジースタのステマしてるわけでもサポーターズがきらいなわけでもないです。

余談なんですけど、ジースタの社員さん、そんなに数いないはずなのに全国にあっちこっち営業してる上に、エンジニア系のイベントあったら参加してるし、企業選びどうするかとか企業うけてからどこに決める?とかも相談乗ってくれてこの人たち本当は分裂して2人とか3人とかいるんじゃないかと思ってました。

本題に戻ります。
逆求人ではNO!SKILL!なのでとりあえずあった人に印象づけるために
100均で魔女の帽子買ってきて
「魔法使いみたいな人を幸せにできるエンジニアになりたいです❤」ってプレゼンしました。恥ずかしかった。
まあそれはさておき、逆求人でいろんなエンジニアとか人事さんの話を聞いた結果、この事業がやりたいなーとか、この事業は興味わかないなーとか思うようになる。

就活中期(M1の11月ごろから)

逆求人で知り合った企業の企業見学行ったり(このへんは交通費自費)、面接が早いとこは始まってたので面接に行くようになる。逆求人のいいところは、1次とか2次面接とかまでが免除になるところも多くってYとかMとかEとかLとかDの名のつく企業をうける。
面接練習とかなしに適当にしゃべりました。
そもそも残念なほどトリ頭なので練習してもすぐ忘れる。(大学名聞かれてまちがいました)
何社からか1〜2月くらいに最終面接→内定!みたいな感じで内定もらう。
(一番謎だったのは研究のモチベーションはなんですか?って聞かれてテンパりすぎて論文通ればタダで旅行行けることじゃないですかね?って答えたところに内定もらったことです)

就活終期前編(M2の4月頃)

何社かに内定をもらってどの企業にするかなやんでいるところに
今の内定先企業(以下某社)のエンジニアを交えたランチ座談会(・ω<) vとかに誘われるようになる。
(今興味持ってもらえたら数年後に転職先に考えてもらえるかもしれないしって言ってた)
ランチタダ行けてラッキーとか思って頻繁にランチ会とか人事さんに相談に乗ってもらってうちにちょっと某社の企業業務とか人とかに惹かれ始めて行きたいなあと思うようになる。
その結果まあうけてみるか!みたいな感じに。
この結果就活時期がのびることとなる。
某社の引き込み力すごい。

就活終期後編(M2の8月頃)

8月頃から某社の怒涛の面接が始まる。
面接で、どんなことやりたいの?それはどうして?とか聞かれてもなんだかんだで答えられたのはやっぱり逆求人とかに参加いっぱいしたからなのかなと。
いろんな企業の面接うけていろんな人とはなせて自分の考えがある程度はっきりしてきたからなのかなあと思うので、
結局逆求人で会った企業さんのところに行くことにはならなかったけどすごく意味があったと思し、web系就活したい人はこういうサービスいっぱい使うべきだと思う。

最後に
「就活の8月解禁しばり作ったやつゆるさん」
























 

競プロ半年のやつが「CODE THANKS FESTIVAL 2014」に参加したお話

オンサイトの競プロ参加したよ!

f:id:non1207:20141209114953j:plain

競技プログラミング(以下競プロ)始めて半年が経ちましたが、初めてオンサイトで参加しました。参加したのはこれです。


コンテスト概要 | CODE FESTIVAL2014 | RECRUIT HOLDINGS -リクルートホールディングス

CODE THANKS FESTIVALはリクルート社が今年から主催したフェス型のプロコンCODE FESTIVALの本戦に参加できなかった人の内、予選で200点以上をとった人がいけるというプロコンです。

もともとのCODE FESTIVALは、スコア上位200人がオンサイトの本戦にいけるというプロコンでした。
この200人という枠は、オンサイトのプロコンからするとすっごく大きい枠で
主催の人達も、そんなにたくさんの挑戦する人いないだろーっと思ってたら予選参加人数で700人近くいて予想外だったらしい。リクルート社のブランド力すごい。

というわけで、予選は激戦で、予選の問題全問解けるといけるぐらいの超すごいレベルでした。そんなガチ勢達に半年競プロ経歴の私が太刀打ちできるわけでもなく、本戦はいけませんでした残念。

ですが、CODE THANKS FESTIVALに参加できる条件、ギリギリクリアしてたので参加してきました。

問題について

出た問題(8問)はこんなかんじ

http://code-thanks-festival-2014-a-open.contest.atcoder.jp/assignments

入賞商品は

f:id:non1207:20141209114958j:plain

さすがリク、、、肉ルート。あとは、FA(First Anser)賞が各問題に対してアマゾンギフトコード3000円と、5問以上問題解けたらトートバックもらえるよ!っていうやつでした。

結果的に5問とけたのでトートバックもらいました。あと参加賞?的なTシャツ

f:id:non1207:20141209114940j:plain

 

ご飯

f:id:non1207:20141209115001j:plainf:id:non1207:20141209114956j:plain

 

ついたらお昼ご飯でお弁当が出ました。

叙々苑の焼肉弁当かビビンバ弁当か金兵衛の銀鱈西京漬け焼き弁当(ロケ弁ランキングとかにしょっちゅういるやつ)のどれか選べる形でした。めっちゃおいしかった。

 あとはコンテスト中に自由にとっていいお菓子とか(じゃがりこが大量にありました)

 懇親会は肉!ピザ!寿司!というすごく豪華な懇親会でした。

f:id:non1207:20141209114950j:plain

おいしかった。

 

こんなに豪華にしてくれる上に交通費、ホテル代、その他もろもろをだしてくれるリクルートすごい。

すっごく楽しかったので来年は本戦参加したいなあと思いました。がんばります。

セキュリティ初心者がmixiのScrapChallengeに行ってきたお話

11/16にあったmixiのScrapChallengeというイベントに参加しました。

これです。


Scrap Challenge 2014 | 株式会社ミクシィ 学生向けエンジニアイベント

 

何をやるイベントかというと参加した学生でチーム組んで仮mixiを攻撃しようぜ!ポイントで競い合おうぜ!っていうイベントです。
例のごとく文章書くのが下手だから、文を読むのが辛い人は一番下にあるご飯の写真だけ見ればいいと思う。

イベントに内容についてもうちょっとくわしく

午前中はセキュリティに関する講義を受けました。

社員さんがXSSとかSQLインジェクションとか、サイトの脆弱性をついた一般的な攻撃手法とそれについての対策をスライドで教えてくれます。

あと昔mixiが攻撃された事故を教えてくれました。はまちちゃん事件とか。

後々調べなおしたら脆弱性をついた攻撃の例って結構あるんですね、アプリケーション作る時っていろんなことを考えないと大変なことになるんだなあと感じました。

 

午後はいよいよ仮mixiを攻撃する時間でした。

スクショとるの忘れましたが仮mixi、超mixiでした。たぶんあのサイトがフィッシング詐欺とかで出てきても見破るの無理だと思います。

問題は言わないでねって言われたので詳しく言えませんが、10問くらいあってXSSとかCFRSとかの脆弱性ついたり、SQLインジェクションしたり色々しました。

私が解けたのは1問だけでしたができたときはすっごく楽しかったです!

イベントが終わった後に、昔作ったサイト(今は公開してない)引っ張ってきてみたら脆弱性だらけでした。危ない。終わった後に懇親会がありました。一番下にスクロールさせるとその時のご飯写真が見れます。

感想

知識があまり付かないまま行ったので、チームメンバーにお役に立てず申し訳ないです。アプリケーション作る時だったり、サービス作る時に何を一番に考えるかっていうとやっぱりお客さんだから、ちゃんと考えて設計するのって重要なんだなあと実感しました。徳丸本読みます。

 

ご飯

お昼ご飯

お昼ご飯は釜飯がでました。後半はだし茶漬けみたいな感じにして食べました。

 f:id:non1207:20141117183111j:plain

懇親会

DEAN&DELCAの仕出し?なのかなよくわからないけど串いっぱいたべた

 

f:id:non1207:20141117183117j:plain

 

 

どうでもいい余談ですがVimmerが多くてemacs派な私は懇親会でボコボコにされましたつらい。いいじゃないemacs

 

 

 

 

GMOインターネットインターンのお給料でMacのRetinaを買ったおはなし

6月くらいからおうち用のWindowsが壊れ始めました。

立ち上げようとするとスタートアップ修復を散々3時間ほど繰り返したあげく、スタートアップ修復できませんでしたシャットダウンしますと電源が切れるというとても残念な感じです。

新しいパソコンがほしいなと思っていたので元々の予算とGMOインターネットインターンのお給料を足して、WindowsのパソコンではなくMacBookProのRetinaを買いました。

 

f:id:non1207:20141021221336j:plain

 

とても軽いです。

macのパワーポイントであんずもじを使う

お固い場所じゃないところでパワーポイントを使って発表するときに、良いフォントが無いか探してみたところフリーフォントのあんずもじが使えそうだったのでインストールしたという話。ただし、Macで使うMicrosoftOffice2011はフリーフォントの日本語が対応できない。悲しみ。

インストール手順

1. あんずもじをダウンロードしてくる。

http://www8.plala.or.jp/p_dolce/index.html

 

f:id:non1207:20141006101133p:plain

topページのFontってとこをクリックする

f:id:non1207:20141006101128p:plain

”あんずもじをダウンロードする”をクリックするとフォントがダウンロードフォルダ等にダウンロードされる。

 

2. ダウンロードしたパッケージからインストールを行う。

apjffont.zipという名前のパッケージがダウンロードされているはずなので、zipファイルを解凍する。

解凍されたフォルダ内のApJapanesefontF.tffをクリックする。

以下のウィンドウが出てくるので、フォントをインストールボタンを押す。

 

f:id:non1207:20141006101137p:plain

フォントがダウンロードされました。

f:id:non1207:20141006101139p:plain

 インストール完了

これでパワーポイントとかWordとかでつかえる。

 

GMOインターネットのインターンシップでJoint Labしてきた

1ヶ月くらい前、GMOインターネットでJointLabするインターンを終えました。

3週間という期間でしたが、終わってみると短いなあとおもいました。

 

感想は色々あるのですが最初に結論を持ってくると参加して良かったなあと切実におもうインターンプログラムでした。ということで振り返りを書こうと思います。

長くてへたくそな文章見たくない人はブラウザーを閉じるか下の方にあるご飯の写真だけみてお腹を減らしてください。

 

JointLabインターンシップ概要

Joint Lab インターンシップ | GMOインターネット 次世代システム研究室

”Joint Lab は将来 Web/IT 業界で働くことに興味のある学生の方たちを対象にしたインターンシップ制度です。次世代システム研究室でのインターンシップを通して最新の技術動向に触れたり、Web サービス開発の現場で日々どのような業務が行われているか体験してみませんか?”

とのことです。公式ページにはインターンシッププログラムで何をやるかが

詳しく書かれてないのですが、インターンを始めたのがつい最近で今までに受け入れた人数が少ないからのようでした(私を含めて3~4人のはず)。

自分の好きなこと(とは言っても業務で扱ってるようなこと)を

やらせてくれるみたいです。(アプリ開発とかなのかな、よくわかりませんが)

あと交通費の枠に (※ 原則として関東圏にお住まいでご自宅から通勤可能な方) 

と書いてあるのですが、別に関東じゃなくても参加はできます。交通費と宿泊費は自己負担ですが報酬でるのでぎりぎりでなんとかなります。

美人事の方に部署がおじさんばかりだけど大丈夫?と聞かれたのですが普通に若々しい人ばかりでした。まあたしかに女性社員さんは部署に一人しかいませんでした。

 

インターン中にやったことについて

どこまで書いていいのかわからないので手短かに話すと3週間ビックデータ解析というプログラムの下、Hadoopのお勉強をしました。わたしは普段あまりHadoopとはまったく関係ない研究をしています。サーバーさわったことなかったし。なんで今回まったく研究と関係ないところをやろうとしたかというとビックデータ解析ってちょっとかっこいいよねという(安直)。

あとは学校で用意されているデータとかって規模も小さいし、答えもだいたい適当に書いて当たってしまって面白くないから、会社じゃないとやってみれないことしたいよねってという理由。

そんなこんなでインターン中は前半の7日間くらいはHadoopだとかHiveだとかImpala、mahoutなどの概要をサンプルプログラムだったりとかクエリだったりとかの実習で学んで、後半は学んだことを用いて、GMOインターネットが提供してるサービスの実データを対象にビックデータ解析を行いました。あとは朝会と週末ごとの振返り会というものに参加しました。ここで使ってたTodoリストとかが便利すぎて、スケジュールアプリに組み込もうかなあと考えているほど気に入っています。

 

インターンプログラムが始まるまでのスキルについて

 無知にかぎりなく近い。Hadoop関係でHiveとかImpala(SQLみたいなやつ)

とかを使ったのですが学校のSQLのテストでギリギリ赤点取ったくらいですどやぁ。

インターンが決まってから少しは勉強しておこうと2週間くらいちょっとずつ復習していたけれども勉強具合がたりなかった。インターンが始まってHadoopの仕組みだったりとかHiveとかImpalaとかビックデータ解析に伴ういろんなことを学んで、新しいことを学んでいくのってなんて楽しいんだろうって再実感しました。やっぱり企業に来てインターンできる時間限られてるからもともとのスキルあったほうが余計なことに時間つかわなくてすむし、もっとたくさんのこと学べてもっと楽しめたんだろうなってちょっと後悔しています。どうでもいいですがインターン後のスキルだったら高専時代のSQLの授業、間違いなく赤点じゃなくて秀がとれそう。

 

JointLabインターンの素晴らしい点

 時間の融通を利かせてくれる

9月の初旬から中旬に国際学会があって、その後に別口で大会に出るのでいろんなインターンの応募をあきらめてました。ここの募集も、すごく興味があって応募はしたのですが、公式ページに出ていた就業時間が150時間〜になっていてどうあがいても4週間かかるので始まる時期にもよるけどきついなと。ですがその話を面接のときにしたところ、ここの美人事の方や、次世代の人に融通を利かせていただいて120時間労働の3週間になりました。学会準備がちゃんとできました。ありがとうございます。

みんな優しく教えてくれる

HadoopMapReduceの中身が理解できない、Hiveのクエリを投げてデータをとってくるときにつまずき、正規表現につまずき、些細なインストールエラーでつまずく!というさんさんたるインターン中のくだらないミスにも優しく教えて頂きました。次世代システム研究室の方々は超プロフェッショナルでバリバリできる人ばかりでした。すごいなあとあこがれの気持ちを持つとともに将来こういうふうに成長し続けられるエンジニアになりたいなあと思いました。あと話をちゃんと組み立ててから話せるようになりたいと切実に思います。

  

報酬がでる

一時間1000円のお給料が出る。結構これ重要。東京住みなら別にいいのですが、東北住みのため、3週間のホテル代だけで半端ない出費だった。正直、報酬なかったらいくらプログラム面白そうだなって思っても参加は厳しかったと思います3週間だし。

あと関東圏からの交通費もでる。品川とか神奈川とかのホテルからの交通費全部出していただけましたありがたい。

インターンが終わった後(2週間後くらい)に人事の方からメール来てめでたくインセンティブ付きになった(成果に応じてインセンティブが時給あたり2000円まで付く)。

 

最後に修了書という賞状がもらえる。

やたらと豪華な賞状もらいました。あときれいな花束とクッキーもらいました。

 

まかないめしがおいしい。

ふとる。(でも帰ってみたら体重増えるどころか減ってた)

社内にユアーズカフェっていうカフェがあって飲み物、食べ物が全部無料でした。

飲み物もコーヒー、紅茶とかだけじゃなくってソイラテだのチャイラテだの抹茶フラペチーノみたいのとかチョコフラペチーノみたいのとか全部無料でのめる。たぶん15種類くらいあるはず。それに加えて朝時間帯はホテルのパンが出るし3時ごろにはベーグルとか菓子パンとかお菓子とか出てくるし昼は昼でご飯を食べられるし金曜の夜はカフェがバーになってビールとかカクテルとかワインとかスミノフとかピザとかが軽食が無料になる。いつも一斤50円とかの食パンばっかたべてたのでここぞとばかりに食べた気がする。

文章下手くそすぎてうまく伝わらないのでとりあえず写真を何枚か上げておこうかと思う。でもよくよく見返してみたら写真も下手すぎておいしさがあまり伝わらなかった。

個人的には抹茶のシフォンケーキが好きです。

 

f:id:non1207:20140907174247j:plain

f:id:non1207:20140907174300j:plain

f:id:non1207:20140907174321j:plain

 

f:id:non1207:20140907174359j:plain

f:id:non1207:20140907174409j:plain

 

 余談

GMOインターネットは渋谷のセルリアンタワーに入っているのですが、セルリアンタワーの有名な中華料理レストラン「スーツァン・レストラン陳」というとこの麻婆豆腐を社員さんに食べさせて頂きました。いままでにないおいしさでした。

 

f:id:non1207:20140909131637j:plain

 

dishとplateの違い

英語

英語の勉強をしててdishとplateの使い分けを疑問に思って調べた。

 

dish--

少し深みのある皿(でもボウルまで深くはない)

plate--

真っ平らな皿

 

らしい。ランチプレートとかはたいらだからplateなのかな。英語ってむずかしい。

そんなわたしはボディーランゲージ愛用者です。